5S

5S活動に使えるツール

5Sチェックシート(5Sチェックリスト)の無料テンプレートと作り方・具体例

5Sチェックシート(5Sチェックリスト)は、5S活動の達成・維持の状態を確認する際に使用されます。5Sのチェックは、確認する人の経験や力量で結果が左右されがちです。そうしたばらつきをなくし、チェックの効果を高めるのが5Sチェックシート(5Sチェックリスト)です。
5S活動に使えるツール

5S活動のポスターで使いたい無料イラスト

特に大規模な職場では5S活動にポスターが必要になります。口頭でだけでは従業員全員に対してアプローチしきれなくなるので、分かりやすいスローガンやイラストが書かれたポスターが必要になるのです。しかし、ポスター作成には手間がかかり、イラストを用意するのも面倒です。
5S活動に使えるツール

5S活動の標語・スローガンの作り方

5S活動では標語・スローガンづくりは避けられません。5S活動の標語・スローガンの目的は決められたことを習慣づけ、守り続けていくことにあります。カッコイイ言葉を並べることではなく、不格好でも本当に大事なことがわかりやすく表現されていることが重要です。
5S活動のやり方・進め方

情報分野の5S活動のやり方・進め方

情報分野についても5S活動は重要で、安全性、快適性及び効率性の向上、迅速な対応、顧客サービスの向上や新規市場の開拓等につながるものです。しかし、情報は形がなく、目に見えないのもであるため、意識的に取り組まなければ成果になりにくいものです。
5S活動のやり方・進め方

5S活動のやり方・進め方

5S活動の行動一つひとつは誰でも理解できるものなので、簡単にできるものと思われるかもしれません。しかし実践するとなると必ずしも容易ではありません。5S活動にも基本的なやり方・進め方があり、そこから外れると実践が難しくなるのです。5S活動は整理、整頓、清掃の実践段階と清潔、躾・習慣の定着段階に分けて考えるとわかりやすくなります。
5S活動のやり方・進め方

5S活動は定着させることが大事

5S活動が導入できている職場とは、5Sが当然のこととして定着している職場です。5Sが定着するためには継続的な維持活動が不可欠で、作業者一人ひとりが5Sを習慣化できていることが重要です。5Sができていないと不自然に感じるようになれば5Sが導入できている状態といえます。
5S活動の意義

5Sのバリエーションあれこれ(6S・7S・10S・3Sなど)

5Sは、バリエーションがあります。5S+「作法:Sahou」で「6S」、6S+「しっかり:Shikkari」「しつこく:Shitsukoku」で「7S」、7S+「習慣:Shukan」「しつこく:Shitsukoku」「しっかり:Shikkari」「信頼:Shinrai」「スパイラルアップ:Spiral up」で「10S~マネージメントの基本~」など。
5S活動の効果

5S活動の目的・5S活動の効果

5S活動の目的は、仕事の質の向上にあります。ポイントは従業員の整理・整頓・清掃の重要性への認識と、これらの実行・維持、習慣化です。5S活動の効果には、直接的なもの(職場の作業効率など)と間接的なもの(不具合の未然防止、職場安全の向上、従業員の士気向上など)があります。
5S活動の意義

5Sとは・5S活動とは

5Sとは、各職場で徹底するべき事項を5つにまとめたものです。職場環境の維持改善で用いられる活動で、幅広く使われています。5Sは単なる理論ではなく、目の前の問題に対して職場全員が行動を起こす実践活動であることが大きな特徴です。
タイトルとURLをコピーしました