5Sとは・5S活動とは

5Sとは

5Sとは、職場環境の改善において職場で徹底するべき事項をまとめたものです。
徹底すべき事項は「整理」「整頓」「清掃」「清潔」及び「躾(習慣)」で、それらのローマ字表記の5つの頭文字から5Sといわれます。
なお、5Sと書いて通常「ごえす」または「ごーえす」と発音します。

5Sは単なる理論ではなく、目の前の問題に対して職場全員が行動を起こす実践活動であることが大きな特徴です。

そのため5Sの本質は行動である、と言われます。
当たり前のことを当たり前にやる、それによって成果を上げていく、というものであり、基本がしっかりとした職場の基盤となるものです。

5S活動とは

5Sの考え方に基づいて職場環境の改善を行う活動が、5S活動といいます。
5S管理ということもあります。

5S活動は、製造業・建設業・サービス業などをはじめとする幅広い職場で使われている職場環境の維持・改善の活動です。

5S及び5S活動の意義

5Sは製造現場の安全や品質向上を目的とした3S(「整理」「整頓」「清掃」)が起源です。
3Sに「清潔」「躾(または習慣)」が加わり、5Sとして定着して、現在多くの職場で使われるようになっています。

(1)整理(せいり:Seiri)

要不要を峻別し、不要なものを排除することです。

必要なものと不必要なものと区分し、不必要なものをなくす層別管理がその本質です。
そのため、ポイントとなるのは層別管理と発生源対策です。

層別管理

「整理」では、必要度や重要度等に応じて層別区分をします。
パレート図やKJ法等を用いて、重点や要点を「見える化」して重点管理します。

発生源対策

チリ、ほこり、ゴミ、汚れ等、不要なものを発生させている源を断つことです。
発生源を断つことで、できるだけ少ない労力できれいな状態を維持できるようにします。

(2)整頓(せいとん:Seiton)

要るものを適切に配置することです。
使いやすいようにきちんと置き、誰でもわかるように明確に表示し、必要なものをいつでも取り出せるようにしておきます。

「整頓」では、能率を向上するようにルールを定めて、それを適用していきます。
機能的な保管・配置を徹底し、紛失や捜索を排除して能率と品質の向上につなげることがポイントです。

(3)清掃(せいそう:Seisou)

「清掃」は常に掃除をして、職場を清潔に保ち、細部まで点検することです。

清掃点検により不具合や欠陥を排除することが「清掃」のポイントになります。

清掃では、特にきれいにしておく清掃重点個所を明確にすることが重要です。

清掃は品質や安全の確保にとどまらず、従事者の意欲にまで影響を与えるので、職場環境の改善において重点的に取り組む必要があります。

(4)清潔(せいけつ:Seiketsu)

3S(整理・整頓・清掃)を実行・維持することです。

3Sの状態を保つ活動を通して、異常の発生を顕在化させるとともに、異常排除の行動につなげることがポイントです。

(5)躾(しつけ:Shitsuke)または習慣(しゅうかん:Shukan)

決められたルール・手順を実行できるよう習慣づけることです。

訓練と習慣づけにより規律ある職場づくりを進めることがポイントです。

海外における5S

5Sは日本生まれですが、現在では海外でも有効なものとして使われています。
海外の工場や事務所でも5S活動が実践されており、関連書籍も多数が翻訳されています。

かつては外国人が5Sが徹底した日本のきれいな職場に驚いていました。
海外でも5Sの導入が進んだ現在では、日本の従業者も驚くきれいな現場が世界のいたるところで実現されています。

なお、5Sは英語に輸出されていて、そのまま5S、Five S(ファイブ・エス)と発音され、使用されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました